自殺志願者及び生きる意味を知らぬ者へ
↓クリック
自殺サイト 自殺方法 自殺ダメ



〔注意!〕この記事は、自殺志願者が自殺関連の用語で検索した時に、このサイトを偶然に発見するように配置したものであり、自殺を推奨しているものではありません。なぜなら、自殺関連の用語でインターネット上に網を張らないと、肝心の自殺志願者が自殺関連の用語で検索した時に、このサイトを発見してもらえないからです。私の目的は自殺志願者に生きる意味を教えて、自殺を止めることです。なので、もしもあなたが自殺志願者であるならば、このページはすっ飛ばして、生きる意味関連のページへ今すぐに移動してください。



練炭自殺の画像(閲覧注意)自動車で集団自殺の練炭自殺者の死体画像

 ここでは練炭自殺を試みて死亡した人達の、実際の練炭自殺画像を掲載していきたいと思います。これらをよく見て、あなたが練炭自殺するということは一体どういうことなのか、よく考えて頂きたいと思います。

自殺志願者は、霊的事実を知ってくれ。

自殺の霊的知識


練炭自殺の死体の画像
 これは日本国内で、どこかの道路脇に停車した軽自動車内で練炭を焚いて死亡した人の写真です。警察の現場検証が多数入っています。集団自殺ではないのかな?軽自動車は車内が狭いので、きっと後部座席に練炭を焚いて、運転席で死亡したのかと思われます。または助手席に練炭を焚いて、運転席と後部座席で計三名で集団自殺したのでしょうか?とにかく、この写真のみでは、どの都道府県なのか、または男女構成比はどの程度なのか、集団自殺なのか単独自殺なのか判別出来かねます。

練炭自殺の画像1



練炭自殺の遺体の画像
 この煉炭自殺のニュース画像は、いつだかは不明ですが、とにかく大阪府内のどこかの市内の林道だか、とにかく森だか林のある場所のすぐ脇道の写真ですね。そこで、どうやらワゴン車が停車してあり、どうも全焼していたらしいです。そしてその車内から、女性(年齢不詳)の遺体と七輪、つまり練炭コンロが発見されたそうです。そして、右上に[男女を殺人で逮捕]と出ていますので、練炭自殺に偽装した殺人事件なのか・・・それとも、一緒に練炭自殺を図りつつも、途中で逃げ出した男女が殺人容疑で逮捕されたのか・・・真相は不明ですけど、どうやらそのような経緯らしいです。
 複数名がいた、ということで、どうやらこの煉炭自殺の画像は、練炭自殺の集団自殺を報じたニュースキャプチャ画像らしいですね。

練炭自殺の画像2


練炭自殺の自動車の画像
 これはモザイクがかかっておりますが、どうやらトヨタっぽいパトカーがあるし、警官の後ろにある車両は日本国内でしか売っていない軽自動車らしいので、やはり日本国内の画像でしょう。どうやら、後ろの白い軽自動車の車内で自殺志願者が練炭自殺を遂げた、そして第一発見者の通報を受けて、警察官が到着して現場検証をしている、という光景でしょうか。でも、どうやってこの場面を映したのか、不明ですね。もしかしたら、ドラマの撮影現場かもしれません。

練炭自殺の画像3



練炭自殺の為の練炭コンロ(練炭七輪)が風呂場(浴室)に置かれて焚かれた後の画像
 これは、本物の練炭自殺後の現場写真なのかは不明ですけど、とにかく、密閉した空間で、このようにして、練炭を焚いて、一酸化炭素を大量に発生させ、意識不明の混濁状態に陥り死に至る、というのが練炭自殺の手法のようです。そもそも、浴槽はお湯を張る部分であって、こんなゴツい金属製の道具類を入れる場所ではないのだ。バーベキューは屋外の換気の良い定められた場所でやるべきなのだ。まあ、多分入口のスライドドアはガムテープで密閉されていることでしょう。空気の侵入を防ぐ目的でね。まあ、これが本物の練炭自殺者の練炭自殺後の写真なのかはさておき、このように練炭自殺は執り行われる、ということをよく表した写真です。浴槽の中にあるものが、練炭コンロと言われるものなのか、もしくは七輪と言われるものなのかは、私は詳しくないので不明です。

練炭自殺の画像4

韓国の練炭自殺者の、自殺後の画像
 これは日本国内の画像ではなく、韓国の練炭自殺の画像です。車両のマークはヒュンダイです。お隣の国も、相当自殺事件は多いらしいですね。練炭自殺も一般的なのでしょうか?とにかく、この画像は、警察関係者とかマスコミとかではないでしょうか?現場検証しているようです。集団で練炭自殺を遂げたのか、それとも単独自殺なのかは不明です。けど、八人くらい余裕で乗れそうな大きなワゴン車なので、多分、複数人の集団での練炭自殺の時の画像だと思われます。

練炭自殺の画像5


 さて、色々なパターンの練炭自殺の画像を紹介してきました。けども、やはり練炭自殺なんて実行してはなりません。その理由は、霊的な観点からはっきりと断言できます。そう、人は死んでも無にはならないのです。故に楽にもなれません。死後には虚無が待っているというのではないのです。逆に、人生を途中放棄した罪が発生して、自殺者の魂は死後にとんでもなく辛い目に遭います。だからこそ、必ず、下のリンク先にある霊的事実をよく学習してください。そして自主的に自殺は回避してくださいね。

 自殺してはならない霊的な理由